釜援隊

復興まちづくり

地域おこし協力隊「失敗の本質」から考える人材が活躍できるの組織運営〜運用編〜

「導入編」に引き続き、地域おこし協力隊「失敗の本質」の第2弾「運用編」。今回は、どのような組織運営をしたら、それぞれの人材の特性を活かし、地域づくりを進めていけるのか。釜援隊の事例を紹介します。 Facebookから引用したのは、地域...
復興まちづくり

地域おこし協力隊「失敗の本質」をしないための釜援隊の仕組み〜導入編〜

地域おこし協力隊の活動を成功に導くためには仕組みが大切です。そのヒントを釜援隊の活動事例から考えてみます。 現在、地域おこし協力隊の応募を考えている方も既に現場に入っている方も、ぜひご一読を! 地域おこし協力隊「失敗の本質」を成功に転換...
復興まちづくり

阪神・淡路大震災から20年と三陸の心の復興

今日で、阪神・淡路大震災から20年。 ニュースでも大きく取り上げられていましたが、改めて考えると阪神・淡路大震災の経験が東日本大震災にもつながっていると実感。 三陸沿岸とは、社会状況が当時とは違いますが、今後同じような課題に直面する...
復興まちづくり

「地域おこし協力隊」の失敗と成功を分ける3つの視点〜復興支援員「釜援隊」の事例から

以前のブログで、地域おこし協力隊と復興支援員のことについて書きました。 こちらの記事では、チャレンジできる環境が大切と結びました。 もちろん、がむしゃらにチャレンジすることも大事ですが、 何も考えずに動いていては思いが空回りしてしまう...
復興まちづくり

地域おこし協力隊の募集を見極める方法〜復興支援員「釜援隊」を選んだ事例から

地域おこし協力隊の募集と被災地の復興支援制度の募集があったらどちらを選びますか? 僕なら迷わず、被災地の復興支援員制度です。なぜなら、被災地は様々なチャレンジができる環境にあるからです。 選挙の結果次第で変わるかも知れませんが、地域おこ...
タイトルとURLをコピーしました